スマホで今すぐお金が借りれる

スマホで今日中にお金を貸してくれる2016年おすすめの消費者金融(ヤミ金以外)と金融の知識をご紹介します。

公務員の「引越し貧乏?!」

      2016/03/16

これからの時期、公務員の方や会社員の方の移動の辞令が出される頃ですね。

同時に、学生さんは受験や就職などで、この春から新生活を始められる方も多いと思います。

以前、知人からの話で、公務員さんの転勤に伴う引っ越しにかかる費用がとんでもないことになることがあると聞きました。

【引っ越しにかかる費用について】

全国転勤の場合、公務員の官舎や宿舎と呼ばれる住宅に住んでいることが多いようですが、次の転勤先が決まり移動になると、退去するときに原状回復を行わなければならず、その費用は全額負担になるとのことです。
さらに、移動先への引越し費用は距離や家族構成によって一律いくらと決まっているそうですが、引越しの時期が引越し業界の繁忙期に入るため、業者次第では通常料金の2倍や3倍の料金を平気で請求されるようです。

さらには、「見積もりにすら来ない。」業者も存在するそうです。

その知人の方も、インターネットや電話などで見積もりなどを請求すると、
「距離いかんにかかわらず、最低60万~70万円はかかります。」←ざっくりし過ぎです!
「3月はお断りしています。」←え?どういうこと?(笑)
とゆうような対応をされたこともあるそうです。

まぁ、確かに、黙っててもお客さんはいる状況ですから・・・。って言っても・・・。

じゃぁ、どうやって引っ越せばいいの?(笑)ってなりますね…。

移動先の引っ越し費用は距離と家族構成によって一律なので、そこからオーバーした引越し費用は実費=自腹で支払うということになるらしいのですが手出し分がとんでもないことになる場合があるのだそうです・・・。

最悪、引っ越し業者が使えない場合、自分たちで荷造りをした段ボールをヤマトや郵便局に持ち込み、宅急便で一個ずつ送るそうです…。
沖縄などの離島への転勤の場合、荷物が船で運ばれるため時間も運賃や家族全員の飛行機代などもさらにかかってしまうらしいのです。

まさに踏んだり蹴ったり。
殿様商売ってこのことでしょうか?

多くの公務員の方が、転勤のたびにお金が減っていくという問題にさらされているそうです。
一般的に、公務員さんというと、「国のお金を使って・・・。」などと批判されがちですが、公務員の方でも「引越し貧乏」という言葉が存在すると聞いて、心が痛みました。

公務員さんに限らず、一般企業でも3月は移動が多いシーズンですので、その分必要なお金も増えることが予想されますね。

普段の蓄え・貯金を越える出費が必要な場合も起こるかも知れません。

そんなときのために、国や会社から補てんがあるまでは一時的にお金を借りておくと便利かもしれません。

 

 

今日中に現金を借りれるところ(厳選ランキング)

No.1:5~10万の即日融資希望の方(公式HPへ)

 

No.2:即日融資!大口融資も可能(公式HPへ)

 

No.3:審査激甘!スマホで簡単即日融資(公式HPへ)

 - 雑談