スマホで今すぐお金が借りれる

スマホで今日中にお金を貸してくれる2016年おすすめの消費者金融(ヤミ金以外)と金融の知識をご紹介します。

カードローンとは?

   

カードローンとは、様々な全国規模で企業展開している大手銀行・地方銀行・インターネット銀行などの金融機関・更にこれらの子会社である消費者金融・その他一般の消費者金融が提供する金融商品のことです。
それぞれの金融機関によって、銀行カードローン、銀行系カードローン、消費者金融系カードローンと言います。

カードローンの特徴は、その名の通りカードが発行されることです。
ローン専用のカードや、銀行預金口座と兼用になっているカードがあり、ATMで簡単にお金を借りることができます。
また、クレジットカード会社が発行している、クレジットカードと抱き合わせのカードローンというものもあります。
また、よく耳にするローンカードという言葉ですが、これはカードローンとは異なります。
ローンカードとは、信販会社が発行するキャッシング専用のカードの名称のことです。
信販会社がクレジットカードにキャッシング機能を付与した形のカードローンとは違う、ということです。
ただし、一部の信販会社では、このカードを用いている商品サービスの名称を、カードローンとしてしまっている企業もあるようなので、とても区別しにくいようです。
その為、信販会社の作っているカードが「ローンカード」、このように考えるとわかりやすいかもしれません。
現金を引き出すカードという意味では同じですから、カードローンと全く同じものと考えてしまっても良いでしょう。

カードローンのサービスを提供している金融会社は、まず大きく2つの種類に分けることができます。
一つが銀行で、もう一つが貸金業者です。
更にカードローンには2種類の商品があり、その違いは管理されている法律の違いによるものです。
銀行は銀行法という法律で管理されている会社で、そして貸金業者は貸金業法という法律によって管理されている会社ですが、貸金業法で管理されている貸金業者の消費者金融は、融資枠に「総量規制」という制限がありますが、銀行法で管理されている銀行のカードローンにはほとんど規制がありません。
この規制の違いは、融資枠の上限が法的に定められているか、定められていないかの違いになります。
現実問題としては、銀行のカードローンの審査は比較的厳しい判断になる場合が多く、融資枠が簡単に取れる訳ではありませんので、銀行のカードローンは規制が無いとも言えます。
現在は多くの消費者金融が銀行グループの傘下として営業しています。
つまり、管理されている法律の違いはあるのですが、企業としては銀行と同じグループとして経営されており、あまり大きな違いは無くなってきています。
ですが、貸金業法での規制が厳しく、多くの利用者に制限がかかってしまったことも事実です。

カードローンとキャッシングの違いについても疑問をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。
カードローンはクレジットカードやキャッシュカードで、指定された銀行口座を通じ、一定の限度額の範囲内で、自由に繰り返し借りることが可能な融資です。カードローンは、直接窓口はもちろん、ATMやキャッシュディスペンサーで借り入れすることが可能です。
カードローンの返済方法は、多くの場合一括払いではなく、分割払い(リボルビング払い)のシステムです。
銀行系のカードローンの他には、消費者金融のカードローン、カード会社などのカードローンがあります。
それに対して、キャッシングはクレジットカードやキャッシングカードに付随のキャッシング機能を利用して、ATMやキャッシュディスペンサーから現金を小額から借りられる融資のことです。
キャッシングでリボ払いができたりと、会社によってキャッシングの定義は異なります。
最近では、インターネット・携帯電話・スマホで借り入れの申し込みなどのサービスを行うことを、オンラインキャッシング、インターネットキャッシング、ネットキャッシング、ウェブキャッシングと呼ばれています。
二つの大きな特徴的な違いとしては、金利にあると言えます。
カードローンは、これまで説明してきたとおり、カードによって分割や一括払いなどが設定されているものがありますが、基本的には、リボ払いが前提です。リボ払いの利息というのは、10%台。これは、金融機関が長期にわたり比較的高い利息収入を得ることが出来る仕組みだといえるでしょう。
反対に、キャッシングというのは、基本的に翌月一括支払いで、金利が低いと金融機関にとってはうまみがありませんので、金利は20%以上というところが多いわけです。

 

 

<おススメのキャッシング一覧>
低金利で小額から借りれるところ

おまとめローンで複数の借金を一本化

指定口座にその日に振り込み融資

 - 用語説明